SSブログ

化粧品に含まれる化学成分はどうして入っているのか? [化粧品の化学成分]

化粧品に化学成分が入っているには
ワケがあります。

市販されている基礎化粧品の成分表には、
自然なもの以外に化学的な成分

が入っていることがわかります。

極端なことを言えば、
化粧品のほとんどは水です。

その他を腐らせないための防腐作用のある
成分があり、お肌のための美容成分は
ごくわずかなんです。

低価格の化粧品では、美容成分の割合は
10%未満
というものも珍しくありません。

化粧品を常温で数ヶ月に渡って保存する
ためには、化学成分の配合は不可欠です。

無添加化粧品とかオーガニック化粧品などと
呼ばれていても、常温で保存できる化粧品は
化学成分が必ず入っていると考えましょう。

化学成分は自然界に存在しないもの。

敏感肌を引き起こす原因になる
バリア機能の崩壊に大きく影響
すると思われます。


でも実際のところは、化粧品に配合されている 化学成分も肌に影響の少ないものが 使用されていますし、その開発も進化しています。

敏感肌は市販の化粧品が害を及ぼすと
いうのは、あまりにも大げさで極端な話です。

それよりも、敏感肌は化粧品による肌のお手入れが
過剰になることの方が原因
とも言われるようになっています。

過保護にすることで、肌本来の回復力や免疫力が
低下してしまうというのも考え直してみる
必要があります。

お肌に不要なものまで与えていないか?

肌が持っている力を無視していないかどうか、
そこが敏感肌の改善に繋がるのではないでしょうか。

合成界面活性剤、無香料、無鉱物油、パラペンフリー
石油系成分フリー、その他石油系防腐剤フリー
100%天然オーガニック
☆HANAオーガニックトライアルあります
HANA organic





















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます