SSブログ
日焼け止め ブログトップ

敏感肌が使える日焼け止め パウダータイプの合わせワザ [日焼け止め]

紫外線吸収剤を使っている
日焼け止めには敏感肌にとって
負担もあるのですが、

強い日差しから肌を守るという点では
紫外線散乱剤を使用している
ノンケミカル製品よりも優れています。

肌に負担をかけないように、 ナノ化されたマイクロカプセルに 紫外線吸収剤の成分を閉じ込めた ものなら肌への負担は軽減できます。


ですが、やはり紫外線吸収剤を
使用しているパワフルな日焼け止め製品は
クレンジングを使って落とさないと
肌に残ることもあります。

塗っている間の負担が少なく
なったとしても、落とすという
点ではノンケミカルには勝てません。

天然の鉱物を紫外線散乱剤として 使用している日焼け止めは、 普通の石けんでも洗い流すこともできます

この違いが、敏感肌には大きいと
言えるのではないでしょうか。

日焼け止めのパワーVS肌へのやさしさ

その比較は難しいのですが、
解決する方法としてノンケミカルの
日焼け止め製品とミネラルパウダーを
一緒に使用することがあります。

ミネラルの持つ日焼け止めの効果を 合わせることで、紫外線を カットするパワーをレベルアップ
させることができるのです。

長時間塗り直すことができない
時でも、パウダーなら上から 重ねることができるので便利
使いやすいと思います。

敏感肌だからこそ、日焼け止めを
しっかりしないといけないので、
一つだけの日焼け止め効果に
頼らずに、合わせワザで対応してみることです。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

敏感肌が使える日焼け止め 紫外線散乱剤とは [日焼け止め]

紫外線吸収剤を配合した日焼け止めとは違い

紫外線散乱剤という成分を
使ったものをケミカルフリー、
ノンケミカルの日焼け止めと呼んでいます。

紫外線吸収剤よりも肌への負担が
少ないということが広く知られる
ようになり、

はっきりと紫外線吸収剤不使用
表示されることもあります。

紫外線吸収剤とは違い、紫外線散乱剤は
肌の表面で紫外線を反射させて
跳ね返す働き
があります。

化学反応を起こさないので、
肌への負担がほとんどありません。

小さなお子さんが使用できる日焼け止めは
ほとんど紫外線散乱剤を使用しています。

酸化チタン
酸化亜鉛
マイカ

このような成分が紫外線散乱剤として使用されています。

ミネラルファンデーションに使用されている 鉱物を原料としているので肌に やさしいので間違いありません

ただ問題は、紫外線を跳ね返す力が
長続きしないということや
白く粉っぽくなりやすいので
使いにくいということです。

長時間塗り直すことができない時や、
アウトドアで強い紫外線を浴びる時は
充分な効果が得られない可能性もあります。

それでも、毎日使うことを考えると、
肌への負担が大きいモノよりは
安心できるのではないでしょうか。

現在では、紫外線吸収剤の成分を
カプセルに入れて肌に
触れさせないように開発された
ものもあるので、

強い紫外線を浴びる可能性がある時は
このようなタイプの日焼け止め製品を
使うようにすると敏感肌の人には
さらに使いやすいと思います。
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

敏感肌が使える日焼け止め 紫外線吸収剤は? [日焼け止め]

日焼けすることは敏感肌じゃなくても
肌に悪影響が大きいですよね。

日焼け止めは一年中、日常的に使用するのがおすすめです。

紫外線は一年を通して地上に届いています。

特に紫外線の強い季節は5月頃の初夏から 9月くらいの期間ですが、

真冬だって油断はできません。

敏感肌の人はこれ以上の肌の
トラブルを避けるためにも、
日焼け止めはしっかり塗るようにしたいもの。


でも、市販されている日焼け止め製品の
中には敏感肌の人には少し危険なものがあります。

UVカット効果の高いものであればるほど
使用されていることが多いのが紫外線吸収剤です。

◆ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
◆メトキシケイヒ酸オクチル
◆ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
◆t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
◆オクチルトリアゾン
◆パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

このような成分が紫外線吸収剤の代表的なものです。

これは紫外線を吸収してエネルギーとして変換します。

そのエネルギーは熱というカタチになり、
紫外線が肌に侵入するのを防ぐというものです。

馴染みが良くて、白くならないので使いやすく、
UVカットの効果が高いというメリットはありますが、

化学反応を起こして熱エネルギーに
変換させることは肌への刺激が強いのです。
紫外線吸収剤でかぶれる人多いんです。

敏感肌の人が毎日使用するのは負担が大きいと言えます。


MYLOHAS乳液部門大賞受賞、@コスメランキング1位の実績を持つ、
肌にやさしい天然100%の国産オーガニック化粧品
HANAオーガニック(HANAorganic)』です。

オーガニックUVミルク「ウェアルーUV」は、
天然100%、美容液成分85%配合、SPF25の日焼け止めです。
オーガニックで白浮きせず、光をコントロールして毛穴、
色ムラの目立たないクリアな肌に整えてくれます。

敏感肌UVケアおすすめ
ウェアルーUV










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

敏感肌の原因の紫外線をカットすることが美肌には絶対に必要 日焼け止めの選び方とは [日焼け止め]

紫外線を予防することは、
敏感肌やそれ以外の全ての肌質の方に
共通することです。

本当に紫外線は怖い。
君島十和子さんの紫外線防御を見てると
きれいな人はみんな紫外線に
気を付けているのがわかります。

洗濯物を干しのだって油断できませんよ。
十和子さんは室内で干す準備をして
干す瞬間だけ外に出てました(汗)

老化も紫外線の影響が大きい
のは今や当たり前。

日焼けすることで肌が黒くなる、
シミやソバカスの原因を作ることも
予防していきたいことですが。

敏感肌予防にも紫外線カットは重要です。

紫外線を浴びることで日焼けするのは、
肌に軽度の火傷を負うようなもの
です。

そこまでひどい日焼けじゃなくても、
日々の積み重ねで紫外線を浴びることは
ハッキリとは自覚できなくても軽い炎症を
繰り返しているようなものです。

若い頃のように、肌の修復機能が
活発な時は気にならなくても、
徐々にその積み重ねは肌を過敏にさせます。

いやっ
若い時の日焼けが年をとって
シミという形で姿を現すことも
若くても紫外線はやっぱり大敵なのです。

角質は紫外線の炎症によって乾燥し、

バリア機能も乏しい状態になるので

敏感肌になってしまう可能性大です。

紫外線予防をすることは大切なのですが、

ここでさらに注意しなくてはいけないのが

日焼け止めの選び方です。

日焼け止め製品には色々ありますが、
どれでもOKというわけではないんですよ。

とくにすでに肌が敏感になっている時には、

ドラッグストアなどで売っている

低価格な日焼け止め製品は肌にダメージを与えることがあります。

日焼け止め効果が高いものを

選べば良いというわけではなく、

紫外線吸収剤やアルコール、パラペンなどを
使用していないものを選ぶ
ようにしましょう。

お肌に優しい日焼け止め
お肌に優しいUVクリームが絶対です。

日焼け止め製品はクレンジングできちんと落とさないと
肌に残るものもある
ので、
そこも注意して使用しましょう。

しっかりクレンジングしないと残った日焼け止めの
成分でお肌を敏感に><

日焼け止めクリームだけに頼らずに、帽子や日傘、
サングラスなどの小物を上手く併せて、
できるだけ肌に負担の少ない紫外線予防を工夫してください。


紫外線は3月くらいから真夏をピークに
どんどん増え始めていますよ。

☆石鹸で落ちる天然100%オーガニックの日焼け止め
敏感肌におすすめのUVクリームです
これだけでファンデなしで外に出れるので
とってもラクチンです。
HANAオーガニック







nice!(0) 
共通テーマ:美容
日焼け止め ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます