SSブログ
ファンデーション ブログトップ

敏感肌が気を付けたいファンデーションの落とし方 [ファンデーション]

敏感肌ファンデーションの落とし方

敏感肌だからメイクはしないほうがいい?
そんなことはありません。

肌を保護したり、有害物質や花粉
アレルギー物質が肌につくのを
防ぐためにも

最小限のメイクは必要です。

注意することは、自分の肌の状態に合わせて
ファンデーションを使い分けるということ。

オイル成分などを一切含まない
パウダータイプのファンデーションがおすすめ

とくに日焼け止め成分を配合していなくても
パウダーそのものに日焼け止めの効果があります。

このような軽いパウダーなら、クレンジングを
使ってメイクを落とす必要はありません。

しっかりメイクをしなければいけない時には、
クレンジングをしなければいけません。

その時は、落とし方には注意が必要になります。
実は敏感肌にとってクレンジングのほうが心配。

敏感肌のメイク落とし

メイクを落とすクレンジングには様々な
タイプがありますが、敏感肌に負担の 少ないのはミルクタイプのクレンジング
良いと思います。


ミルクタイプのクレンジングは、
肌にマイルドなので刺激は少ないものがあります。

・オイルタイプを選ぶなら

ミルクタイプではファンデーションがなかなか

落ちないという場合は、ホホバオイルや
オリーブオイルなどをクレンジング
にしてみます。


純粋な植物オイルには、化学成分が
入っていないので化粧用として
製造されたクレンジングオイルのような
刺激は受けません。

ただ、ヌルつきが残る場合があると
石けんでもう一度洗顔する必要があるので、
うるおいを落とし過ぎないように注意してください。


この時に使用するのも純粋な
生石けんなど、肌への刺激の
少ないものを選ぶのもポイントです。

もともと敏感肌の人はお肌に優しい
メイクが基本。石鹸で落ちるくらいが
ちょうどいいっ


☆無添加ココナッツオイルの洗顔石鹸が
メイクも落とせておすすめです
VCOマイルドソープ今なら送料無料!全額返金保証つき!












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

敏感肌のファンデーションの使い方 [ファンデーション]

敏感肌でもメイクしたいですよね

敏感肌のファンデーション使い方です。

トラブルを起こしがちな敏感肌の人が
メイクをする時は、ベースメイクを
シーンに合わせて使い分けるようにしましょう。


基本的にはクリームやリキッドファンデーションの
ような油分の強いモノは使用しないこと。


化粧下地も極力使用しない方が良いと思います。

化粧下地の役割は、UVカット機能を
兼ね備えているものや、ファンデーションが
ピタッと密着するようにさせる効果、
そしてファンデーションが崩れないようにする効果です。

メイクの仕上がりを良くさせるとしても、
敏感肌の人が毎日使うのは避けた方が安心です。

・フェイスパウダー
ミネラルファンデーションや、
メイクの仕上げに使用する
フェイスパウダー
を日常のメイクに使用しましょう。

フェイスパウダーにも、ナチュラルな
カラーがあるのでナチュラルメイクなら使えます。

クレンジングをしなくても落とせるので、
毎日使っても負担は軽減します。

・パウダーファンデーション
しっかりメイクをしなければいけない時は、
固形のパウダーファンデーションを使うようにします。

フェイスパウダーよりもしっかりカバー力が
あるのでメイクとしては満足度の高い
仕上がりになります。


この時にスポンジを使う、パフを使う、
ブラシを使うのでは仕上がりにも差が出てきます。

よりしっかりとしたカバー力を求めるのなら
スポンジを使用しますが、

肌への負担を考えるのなら固形の
パウダーファンデーションもブラシを
使うようにします



ブラシの方が肌への密着が少ない分、
仕上がりは軽くなりますが摩擦刺激は軽減できます。

スポンジやパフ、ブラシはマメに洗うように
するのも敏感肌には重要
です。

・日焼け止め製品
日焼け止めクリームの代わりにも使える
化粧下地やクリームファンデーションなど
使わないと紫外線が心配になると思います。


敏感肌の人は紫外線のダメージは避けたいもの。

ただ、日焼け止め製品はクレンジングで
落とす必要があるため、毎日使い続けるのは心配です。

ミネラルファンデーションやフェイスパウダーにも
UVカット機能があるので、短い時間の外出なら
これらの日焼け止め効果でも大丈夫です。


これからの季節のおすすめ商品
ファンデーションなしのUVミルク
ファンデーションと日焼け止めが両方できる
オーガニックUVミルク「ウェアルーUV」は、
天然100%、美容液成分85%配合、SPF25の日焼け止めです。
オーガニックで白浮きせず、光をコントロールして毛穴、
色ムラの目立たないクリアな肌に整えてくれます。


もうファンデーションはいらない。HANAオーガニックのウェアルーUV








nice!(0) 
共通テーマ:美容

敏感肌のメイクしたい。敏感肌のファンデーション選びのポイント!! [ファンデーション]

肌が弱くてもメイクしたい

でもファンデーションをつけると
肌がかゆくなったりするからメイクできない。
合わないファンデーションはムズムズします。

ファンデーションにかぶれることはしょっちゅうで
いくつか失敗してようやく自分に合うファンデを
見つけました。

女性にとってメイクは自分を美しくする
鎧のようなもの。


もっとキレイに、魅力的な自分になりたいと
思っているのに肌がトラブルを起こすから
メイクできない。

でも、敏感肌だから何もつけないで
すっぴん肌で過ごす方が良いというのは
極端な発想です。


とくに外出する時にはすっぴん肌よりも
ファンデーションやパウダーなどで肌を 保護する方が安全ということもあるんです。

ファンデーションは肌に有害物質や、花粉、汚れなどが 付くのを防いでくれる役目もあるので。

私はファンデーションを付けない方が
逆に肌の調子が悪くなります。
花粉や埃が肌についたのがわかるんです。

しかしファンデーション選びは
慎重になりましょう。

肌が弱くても使えるファンデーション

数年前から海外を中心に大人気になり、
日本でもすっかりお馴染なのが
ミネラルファンデーションです。

鉱物のミネラルを使用している
ミネラルファンデーションであれば
肌に優しいファンデーションです。


しかしカバー力という点では、
やはりクリームファンデーションや
リキッドファンデーションとは比べて
劣ります。


ただ、リキッドファンデーションは油性なので
メイク落としをするのにも強い 洗浄力のクレンジングが必要になります。


肌への負担を考えると、敏感肌には
ヘビー過ぎるのです。

・トータルで選ぼう

敏感肌が選ぶファンデーションとしては、
安心材料がより多いものを
選ぶのがポイントです。

肌に負担をかける成分が入っていないこと、 肌を整える効果があること、 メイク落としが簡単なこと

このようなことを重視して選ぶのがポイントです。

カバー力があり、崩れにくいものは
キレイなメイクの仕上がりには大切
ですが、肌にダメージを与えるようでは
そのメリットも台無しです。


キレイな素肌を保てないと、メイクの
仕上がりも上手くいかなくなるのです。


☆ミネラルファンデーションおすすめ
天然成分だからクレンジング不要!石鹸洗顔でオフできる「24h ファンデーション」






nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
ファンデーション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます