SSブログ
敏感肌の原因 ブログトップ

「過ぎる」ことに注意する 敏感肌シンプルスキンケアのすすめ。 [ 敏感肌の原因]

肌を敏感にする原因として、「洗い過ぎ」
「塗り過ぎ」「触り過ぎ」など、
過剰なお手入れ原因になることもあります。

何をしても改善されない敏感肌に
悩んでいる人は、何とかトラブルを
解消したいという思いから、
色んなことを試してみたくなります。

私もそうだったから良くわかります。

たっぷりと化粧品を使うのが良いのか、
しっかりと汚れを洗い落とすのが良いのか・・

この肌荒れの原因は
保湿が足りないんじゃないか?

迷ってしまいトラブルのスパイラルから

脱することができなくなってしまう

こともあるんですね。

そんな時は、スキンケアをシンプルなものに変えてみる
のはどうでしょう。

洗顔と化粧水、そしてオイルなどで
保湿をするくらいのシンプルな
スキンケアにすることで

正常な肌の機能を取り戻すことが
できるかも知れません。

あまりに長い間、過剰なスキンケアを
続けてきた場合は、本来の肌機能を
回復するまでに時間がかかります。

その間には、さらなるトラブルを
起こすかもしれないので、

急激にお手入れを簡素にすることが
難しい場合は、徐々に時間をかけて
シンプルなスキンケアに移行してみましょう。

これは敏感肌に限ったことではないので、
肌に調子がイマイチだと感じたら
試してみる価値はあると思います。

足し算のお手入れではなく、
引き算のお手入れが肌の機能を
回復するきっかけになる
とイイですね。


☆年齢肌トラブルの原因は肌に触る回数だった
シンプルスキンケアならメディプラスゲル
敏感肌シンプルスキンケア


メディプラスゲル敏感肌


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

敏感肌の原因が家の中にある ハウスダストは危険がいっぱい [ 敏感肌の原因]

ハウスダストやダニ、カビの胞子などは
気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎などの
原因になるもの。
ハウスダストはお肌にも悪い

でも、ホコリが全くない空間なんて、
普通に生活していれば無理なことですね。

だからと言って「ホコリじゃ人は死なないわ」
と掃除もあまり行き届かない空間で
生活していると肌にも影響があります。

肌に優しい化粧品を使ったり、
話題になっているスキンケア方法などを
試してみるのに効果が実感できないという人は

家の中に敏感肌を悪化させる原因
積もっているのかも知れません。

たかがホコリですが、その中には
色々なものが混ざっています。

身体の中に入ればアレルギー反応を 起こすようなものなのですから、

そんなものが四六時中肌に密着して
いたら肌に良いワケがありません。

バリア機能を頑強にしていても、
体力が低下している時などをきっかけに
肌に炎症を起こさせたりするかも。

敏感肌を治すためには、肌のお手入れ
だけでは何とかなるわけでは
ありません。


私、ハウスダストのアレルギーで
ほこりっぽい場所にいくと
やっぱり肌がかゆくなります。

ひどい場合は蕁麻疹がでることも
あります。
よその家でそれはとっても失礼なので
他人の家で痒くなって来たら早々に
おいとまします。


肌を取り巻く環境も改善しなければ いけないのですね。

特にお布団や枕の中にはダニの死骸が
イッパイあると言いますし、

顔を密着させるのでこまめに日光に 当てて清潔にするようにしたいものです。


最近は、寝具専用の掃除機もあって
花粉の季節や天候に関係なく清潔に
できる家電もあって便利になっています。

花粉の時期はハウスダストも重なったら
ダブルショックです。













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肌を触る回数は少ないほうが肌には良いって知っていますか? [ 敏感肌の原因]

敏感肌の原因 が肌を触る回数に
関係してる?


肌のお手入れをする時に、
クリームなどをたっぷりつけて
マッサージをする。


マッサージすることで、お肌の血行を
促進して新陳代謝を促進すること
で美肌を保つという効果があります。


ところが、この頃のスキンケアでは、
その正反対のお手入れをおすすめ
しているという傾向があります。

それは敏感肌の原因に、 肌を触る回数が多くなっていることが 問題になっているからです。



洗顔をする時、化粧水をつける時、
乳液や美容液、クリームなどをつける時と、
普通のお手入れをするだけでも

一日に何回お肌を触っているのか
数えてみると驚くと思います。

それに加えてメイクをする時、
メイク落としをする時など、
何度も何度も肌を触っているんですよね。


敏感肌の人は、肌表面のバリア機能が
低下している状態なので、
触られるたびにダメージを受けているんです。


健康な肌の人でも、乾燥してキメが
乱れていたりすると、触れらる度に
ダメージを受けてバリア機能が低下
してしまう可能性もあるんです。


敏感肌にお困りの方は、肌を触る回数を 最小限にすることがよい
言われるようになってきました。


これは洗顔やクレンジング等の方法を
見直してみることにも繋がりますし、

基礎化粧品をオールインワンタイプ
変えることも敏感肌のトラブルを予防する
ことにも繋がるようです。

☆肌を触る回数は少なくした方がいいを実現した
オールインワン 1000OFF
↓    ↓    ↓
メディプラスゲル




nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

食生活が敏感肌の原因になることがある!食品添加物は要注意です。 [ 敏感肌の原因]

肌の弱い人が年々増加傾向にある

原因として言われているのが食生活です。
食生活は肌にでます。
敏感肌食品添加物の影響は大きいです。

人間は食事から栄養を補うのが基本なのですが、
野菜や果物などに含まれる栄養は
昔の野菜や果物よりもかなり
少なくなっているようです。

これは土壌が痩せてしまっていることや、
農薬などに使用によって本来の栄養が
少なくなっていることなどが言われています。

さらに、調理方法が多様になっています。


野菜や果物なども、栄養をもっとも含んでいる
皮や種の部分を使用しないので、
栄養を補うのに食事だけでは
心細い状態にさえなっています。


そして、食品が加工されて保存できるように
なったことで、食品添加物などを体内に蓄積
させてしまうのも

肌に必要な栄養が不足する原因の一つとも
考えられているのです。

化粧品に含まれる栄養として
代表的なコラーゲン、ヒアルロン酸、
エラスチン、セラミド等の成分は
もともとは人間が体内で作り出そうとするもの
です。


その原料になっているのは、当然のことながら
食べた物から分解吸収される栄養です。


他にもビタミン類やミネラルなども食べ物から
補われるものです。


敏感肌に悩んでいる人は、化粧品を
低刺激のものに変えるなど、外側からの
お手入れには慎重になっていても、
食べるものを選ぶことにはあまり 気にしていないのではありませんか


原因が普段の食生活に
隠れているかも知れません。

私は市販のカップラーメンを食べると口の中が
ただれることがあります。
防腐剤入りのワインを飲むと頭痛になります。

なんとなくの不調も実は食べたものに
よるものということに気づくと怖くなります。

ただ、外食やレトルト食品など添加物が
全く含まれないものを探していたら
何もたべれなくなるかもしれません。
そのくらい世の中添加物入りの食品に
まみれています。

というわけで今はやりの水素水です^^
☆化学物質による活性酸素を排除するため
水素水を飲み始めました
↓    ↓    ↓
高濃度水素水トラストウォーター








nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

合成成分による影響で肌が過敏になることも [ 敏感肌の原因]

スキンケア製品・シャンプー、洗剤
身の回りの製品には、
様々な化学成分が入っています。

化学物質過敏症までいかなくても
その手前の人はかなりいます。

オーガニック化粧品、自然派化粧品、
植物由来化粧品といううたい文句が
ついている化粧品を使っている人は、

肌に良い成分だけで作られているような
錯覚
をしてしまいがちです。

しかし、オーガニック化粧品として認定
された化粧品でも100%植物成分という ものはほとんどありません。


植物から化粧品の成分として抽出するために、
化学的な方法で製造されていると、
その残留物が化粧品に入っている
こともあります。


それでも、一般的に販売されている
化粧品と比べれば、肌には負担は
少ないのは間違いありません。


一般的な化粧品に含まれる成分の中で、
肌のバリア機能を低下させる可能性が
高いものをピックアップします。

石油系界面活性剤

洗濯洗剤や食器用洗剤にも使用される
洗浄成分が石油を原料とした界面活性剤です。


界面活性剤というのは、油分と水を
混ぜ合わせる役目があるため、
油を落とす洗浄成分として使用されます。


原料が石油を使用することで、大量生産が
可能になり、コストもかからないので
庶民の味方のような存在でした。

しかし非常に洗浄力が強いという点や、
石油由来なので肌の表面を保護する
バリア機能にはダメージが大きいものです。



防腐剤

化粧品の品質を常温でも保てるように 使用されるのが防腐剤です。


現在は、化粧品に使用できる防腐剤や
保存料は、使用される種類が限られていて、
使用している場合は表示されるように
義務づけられています。


比較的安全性のあるものを使用して
いますが、肌に存在する常在菌には
影響があります。


自然由来の保存料や防腐剤を使用した
化粧品と比較して、化学的な成分は
敏感肌の原因の一つとも言われています。


全部は無理だとしても化学的な
成分を使っていないものを
なるべく使っていきたいですね。


☆オーガニックファスタで出会ったこのシャンプーおすすめです。
お試しの小さなボトルもあるので安心
↓      ↓      ↓





nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

更年期や思春期ホルモンバランスで肌が敏感になる [ 敏感肌の原因]

女性の身体は思春期から成熟期、
更年期とホルモンに変化があります。

ホルモンのバランスが崩れると
お肌にモロにでます。

肌とホルモンバランスは切っても切れない関係です。

思春期になって肌の様子が変化することは
ニキビが増える頃ですよね。

もっと短い周期でも肌の変化が
出ることがあります。

生理前になると、何だか肌がザラザラしたり ヒリヒリするように感じるゆらぎ肌

私も生理前に肌が敏感になります。

これも女性ホルモンの変化によるもの。

このような肌の変化も
敏感な肌の仲間なのです。

生理は毎月同じとは限りません。

周期が乱れることもあれば、
生理痛がひどい時、量が多い時など
変化するのもホルモンの影響です。


女性の肌はこのような微妙なホルモンの
乱れでも影響を受けることがあります。


このような女性特有の敏感肌は、
女性ホルモンが大きく乱れないように
整えることが肌への影響を防ぐことになります。

女性ホルモンはストレスや疲れなど、
ちょっとしたことでも乱れるきっかけに
なるので

まずは規則正しい生活を送ることです。


女性ホルモンが少なくなると、
コラーゲンやセラミドなど肌を守る
成分の生成が少なくなるので


女性ホルモンの減少を防ぐような 食生活もポイントです。


女性ホルモンを助ける食事と言えば
大豆が手軽ですね。

大豆に含まれるイソフラボンは、
女性ホルモンの中でも肌を
美しくするホルモンである
エストロゲンと同じ働きをしてくれます。


お豆腐や納豆、豆乳などを毎日食べるよう
にすると、ホルモン不足による
肌への影響を防ぐ効果も期待できますよ。

最近では女性のホルモンのバランスを 整えるサプリメントを飲む人も増えています

ハーブの効能で日頃からホルモンの
バランスを整えると
生理の悩みだけではなく
お肌にも効果がありそうです。

☆女性のホルモンを整えるサプリなら
めぐルナ











nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

お肌は環境の変化に敏感に反応するものです。 [ 敏感肌の原因]

環境によって敏感肌になることって
ありますよね。

環境の変化で敏感肌というのは、
温度の変化や季節の変化など。

例えば、春から夏など季節の変わり目
普段は何でもないのに急に肌が刺激を
感じてしまったり湿疹ができてしまったり。

季節の変わり目敏感肌の多いですよ。

他にも、寒い屋外から温かい室内に
入っただけで急に肌がかゆくなったり、
ムズムズを感じたりする
など。
反対もありますよね。
寒冷蕁麻疹とか。


このような環境の変化に肌が反応して
しまうのも敏感肌の一種です。

一時的なことなので、あまり気にして
いない人も多いのですが。

このような敏感肌の人はかなりいて、最近
増え続けているとも言われています。


このような変化に過剰反応してしまう
敏感肌に原因は、角質層が乱れている ことや、角質の表面が乱れている
環境の変化が肌の内部に伝わりやすく
なっているからです。


いつも決まった季節になると肌が荒れて
しまうという人は、花粉症の可能性もあります。


スギ花粉以外にも、ヒノキやマツ、
イネなど花粉症の原因は春先以外にも
飛び散っています。

私は秋のブタ花粉症
ブタクサの花粉が最悪です><
ブタクサかゆい
ってブタクサという言葉に反応して
しまうくらいブタクサは恐怖。

その季節が来る前に、肌のバリア機能
きちんと整えておくようにしましょう。


対象になる季節には、帰宅後は早めに洗顔を
して花粉が長く肌に付着しないようにして
くださいね。

髪の毛にも花粉がたくさん付いているので
帰ったらすぐに髪を洗いたい
でも出来なかったら髪の花粉もササッと
落としてから家に入りたいですね。

環境の変化に過剰に反応する
季節性の敏感肌は
顔以外にも全身に及ぶことがあります。


湿疹などでツライ時は、ガマンせずに
皮膚科での治療もしていきましょう。
その場合は抗アレルギー薬も上手に 飲むのもアリだと思います。
今は眠くならない薬もたくさんあるので。

かゆみを繰り返すと睡眠を妨げることにも
なるので、一時的なことだと軽く考えない
ようにしましょう。

私は、痒いのを我慢しすぎて不眠症
なったことがあります。
頭皮がジュクジュクして眠れないほどの
かゆみ。

掻きすぎて痛い
痒いのと痛いので神経がピリピリして 眠れなくなりました

そうならないためにも
我慢は禁物です。

このような季節の変化による敏感肌は、
今後さらに敏感肌を悪化させる段階かも
知れません。

紫外線だけじゃなくて大気汚染でも
肌は刺激を受けています。
敏感肌には厳しい世の中です。




トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

間違ったスキンケアで敏感肌に? [ 敏感肌の原因]

間違ったスキンケアで敏感肌
そんなこともあります。

お肌のお手入れをするのは、肌を健やかに
保つためなのに、そのお手入れが原因で
敏感肌になっている可能性
があります。

徐々に敏感肌になってきたと感じて
いる人は、間違ったスキンケアを
行っていないか、肌に合わない
化粧品選びをしていないかチェックしてみましょう。

・洗顔方法
顔を洗う時はゴシゴシとしっかり洗う人や、
あまり泡立てることなく肌との摩擦で
泡立てながら洗うような洗顔では
肌の表面を傷つけてしまいます。

・クレンジングの選び方
クレンジングはオイルやクリームで
しっかり行うという方は
石油系界面活性剤によっ て肌の
うるおいが奪われている可能性があります


・プチプラ化粧品が好き
高級な化粧品が良いというわけではありませんが、
低価格化粧品の中には肌に負担をかける成分を
多く使用していることもあるので肌へのダメージが
心配されます。

やっぱり成分には気を付けたいです。

・たっぷりつけるのが好き
化粧品をたっぷりつける過ぎることで、
肌本来が持っている修復機能や保湿機能、
バリア機能を低下させてしまうことがあります。

化粧品は決められた分量を守って。

たっぷりつけても効果が上がるってことはありませんよ。


敏感肌に導く可能性がある化粧品選びや
スキンケア方法について簡単にまとめてみました。

もっと詳しく原因を追及していくと、クレンジングや
洗顔料に配合されている洗浄成分のことや、
基礎化粧品の成分、さらにお手入れ方法などにも
敏感肌の引き金になることがいくつもあります


自分が正しいと思って行っているスキンケアが
敏感肌を作っている可能性を一度考えてみましょう。

敏感肌を改善できるヒントが、
そこに隠れているかも知れませんよ。


☆肌本来の強さ・美しさを呼び覚ます化粧品
まずは一週間!『オラクル トライアルキット』



a8mat=1U1DSF+95AAMY+1WSY+66OZ5" alt="">







nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

敏感肌の原因は加齢によるものもあります。 [ 敏感肌の原因]

敏感肌の原因・・・
加齢で敏感肌ってありますよね。

若いころは何でもなかったはずなのに、
年齢を重ねていくと皮膚が敏感になったような・・・

そこで感じるのが「肌に合わない化粧品
多くなった」ということです。
今まで大丈夫だった化粧品があるとき
合わない、かぶれる。

年齢を重ねると敏感肌の仲間入りというのは、
多くの大人女性が感じていること。

加齢性敏感肌
かれいせいびんかんはだといいます。

加齢によって、お肌にはどんな変化が起こってくるのか。

世間一般に「お肌の曲がり角」と
言われるのが20歳くらいでしょうか。

実際には20代ではお肌はまだ
イキイキとしていますが、実はもう
この頃から徐々に変化が起きています。


それはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドと
いったお肌のやうるおい・ハリを守るための
成分を作り出す能力が低下
しているということです。

20歳をピークに、肌に存在する美肌成分は
徐々に減少し、40歳の時には半分近くまで
減少することもあるほどなんですよ。

20歳がピークで40歳で半減><
悲しい話です。

もともとは身体の中で作り出していたコラーゲンや
ヒアルロン酸などを化粧品やサプリメントで
補わなければ不足してしまうようになります。

お肌の表面を守るバリア機能もグンと
少なくなっているのです。

その結果、乾燥しやすくなり、刺激を感じやすい
敏感肌になってしまうんです。

加齢による敏感肌は、外側からのお手入れと
身体の中からのケアを同時に行うようにしないと、
進行していってしまうんです。

逆にお手入れに気を配りさえすれば
敏感肌にはならない
って考えると前向きになれますよ

出来るだけ自分のお肌が刺激を感じない化粧品選び
そして加齢に負けないお手入れをしてきましょうね。


加齢性敏感肌を内側からケアするなら
ヒアルロン酸たっぷり240mg!ヒアロモイスチャー240



nice!(0) 
共通テーマ:美容

敏感肌の原因とは肌の乾燥によるものがほとんどです。 [ 敏感肌の原因]

敏感肌原因として、
もっとも多いのが肌の乾燥
よるものです。

乾燥しやすい肌ってことなんですが

極度に乾燥すると、もう敏感肌どころではなくて
アトピーになる危険性だってあります。

これは乾燥性敏感肌
呼ばれるようになり、多くの人が
悩んでいる肌トラブルです。

最近では乾燥性敏感肌に効く保湿剤
CMで流れていますよね。

普段はあまり肌が過敏になることは
感じていないけれど、空気が乾燥する
季節になると肌がヒリヒリしたり、
全身がかゆくなったりすることがあります。

秋の乾燥性敏感肌ですね。

これは乾燥が原因で肌の表面が
荒れてしまうからなんです。

肌の表面には、適度なうるおいが
保たれていることでバリア機能として
刺激から守っています。

しかし空気が乾燥していると、
肌表面の水分が蒸発
しやすくなります。

ただ、乾燥していても肌のバリア機能が
低下しなければうるおいが蒸発しにくいので
乾燥による敏感肌になるリスクも
少なくなります。

乾燥が原因の敏感肌というのは、
きちんと保湿がされていないことで
起こることもありますし、
肌のバリア機能が低下するような
他の原因が引き金になっておこることも
あるのです。


どちらにしても、乾燥による敏感肌になった場合は、
肌のうるおいが失われないように、
しっかりと保湿を心がけるようにしましょう。

今は夏でも空調が整っている環境が
増えていますので、乾燥を防ぐのには
季節を問わず一年中保湿ケアをする必要があります。

乾燥性敏感肌になった場合、些細なことで
刺激を感じるようになっているので、
夏でも油断はできません。

紫外線を浴びることもバリア機能を壊し、
乾燥しやすい肌になる原因なので、
紫外線予防と保湿の両面からケア
するようにしてくださいね。

☆キューピーだから安心。内側から潤うと人気
ヒアルロン酸たっぷり240mg!ヒアロモイスチャー240






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
敏感肌の原因 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます