SSブログ

敏感肌が使える日焼け止め 紫外線散乱剤とは [日焼け止め]

紫外線吸収剤を配合した日焼け止めとは違い

紫外線散乱剤という成分を
使ったものをケミカルフリー、
ノンケミカルの日焼け止めと呼んでいます。

紫外線吸収剤よりも肌への負担が
少ないということが広く知られる
ようになり、

はっきりと紫外線吸収剤不使用
表示されることもあります。

紫外線吸収剤とは違い、紫外線散乱剤は
肌の表面で紫外線を反射させて
跳ね返す働き
があります。

化学反応を起こさないので、
肌への負担がほとんどありません。

小さなお子さんが使用できる日焼け止めは
ほとんど紫外線散乱剤を使用しています。

酸化チタン
酸化亜鉛
マイカ

このような成分が紫外線散乱剤として使用されています。

ミネラルファンデーションに使用されている 鉱物を原料としているので肌に やさしいので間違いありません

ただ問題は、紫外線を跳ね返す力が
長続きしないということや
白く粉っぽくなりやすいので
使いにくいということです。

長時間塗り直すことができない時や、
アウトドアで強い紫外線を浴びる時は
充分な効果が得られない可能性もあります。

それでも、毎日使うことを考えると、
肌への負担が大きいモノよりは
安心できるのではないでしょうか。

現在では、紫外線吸収剤の成分を
カプセルに入れて肌に
触れさせないように開発された
ものもあるので、

強い紫外線を浴びる可能性がある時は
このようなタイプの日焼け止め製品を
使うようにすると敏感肌の人には
さらに使いやすいと思います。
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます